くまモンの巨大水田アートが登場!いつまで見られるの?

ニュース

スポンサーリンク

熊本県のPRマスコットキャラクターで大人気の”くまモン”ですが

九州新幹線の新玉名駅の前にある田んぼに、くまモンの巨大水田アート

登場したことが話題になっています。

くまもん2

この巨大水田アートどのようにして作られるのか?

いつまで見ることがは可能なのか?

気になったので調べてみました。

巨大水田アートはどのようにして作られるのか?

巨大くまモンの水田アートの大きさは縦横75メートルもあるそうで

これを作製したのは地元の観光協会などで構成された実行委員会なのだそうです。

ちょうど今から2ヶ月前の6月に8種類の稲穂や葉の色が違うもち米を植え、

この巨大水田アートが作られたようです。

○工程としては

下絵の準備→下絵で使っている色の苗を育てる→設計図の作製

→田んぼに座標軸となる棒をさしていく→田植えを行う

ざっとこんな感じの流れになるようです。

今回のくまモンの水田アート以外にも他府県で様々な水田アートが過去に作られています。

くまモンの巨大水田アートはいつまで見られるの?

くまモンの巨大水田アートが鑑賞できる期間ですが10月中旬頃までだそうです。

新玉名駅から鑑賞するには乗車券か構内への入場券が必要で

最低160円はかかるようです。

実物のスケールは画像で見るより比べものにならない程、迫力満載との声も

あるので皆さんも機会があれば行ってみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました